◎太平洋と日本海を桜で結ぼう

今から20数年前に「さくら」という映画が公開されました。。。

 

 

「太平洋と日本海を桜で繋ぎたい」という夢を実現しようと、

名古屋市から金沢市までを結ぶバス路線名金急行線が走る街道沿いに桜を植え続けた

佐藤良二という人をモデルとした映画です。

その主人公ゆかりの庄川桜がウチの向いの聖光寺というお寺にあります。

小さな頃から見慣れていたこの桜の木。

そのイワレを知ってとっても感動しています(^_-)-☆

 

詳細

名古屋市から金沢市までの国鉄バス名金急行線の車掌・佐藤良二は、岐阜県荘川村(現高山市)にある御母衣ダム建設によって水没する集落の象徴だった桜の木(荘川桜)がダムの畔に移植され、見事に開花したことに感動し、

「太平洋と日本海を桜で繋ごう」と1967年から名金急行線の沿線(国道304号・国道156号ほか)に桜の苗木を植え始めた。1977年に47歳で亡くなるまでに約2,000本の桜を植えた。起点の名古屋城本丸前にはその1,000本目、

終着点の金沢市兼六園に1,500本目がある。

この話は『さくら道』(中村儀朋・著/風媒社・刊)およびそれを映画化した『さくら』(1994年)のモデルとなっただけでなく、国語の教科書にも載った。

名金急行線は廃止され佐藤も故人となったが、その桜は荘川桜と共に毎年咲き誇り名古屋と金沢を結び、旧名金急行線沿線では『さくら道国際ネイチャーラン』などのイベントが行われている。

 

ブログランキングに参加中です!
 3つとも↓↓↓っとクリックしていただけたらとっても励みになるのでヨロシクお願いします(*^^)v 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ blogram投票ボタン

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    矢田@医療職兼業トレーダー (火曜日, 12 4月 2016 20:02)

    気になります、レンタルで見て見ようと思います。
    応援しておきました。ポチッ

  • #2

    沖崎俊彦 (水曜日, 13 4月 2016 16:29)

    矢田さん、ぜひ見て感想を聞かせてください!