◎お守りになる、魔よけの「犬の子」U^ェ^U

 

昨日、船のでんきやのお向かいの曹洞宗聖光寺さんで「犬の子」まきが行われました!

 

 

 

毎年2月15日のお釈迦様の亡くなった日に曹洞宗の寺院では、

遺徳を偲ぶ法要ともに涅槃団子「犬の子」まきが行なわれます。

これは、釈迦の臨終に駆けつけた十二支の内 作り易い

「犬」や「鳥」などを米の粉で団子を作り、

赤や青の彩色で目、鼻などを描いて仏前に供え法要後その団子をまく行事です。

 

信心深いこの漁師町では、毎年お年寄りたちが数日前から寺に集まって 

おしゃべりを楽しみながら「犬の子」を作るのです。

昔からなじみの深いこの「犬の子」、私は素朴で気に入っています。。。

なかには魔よけになるとして、

小袋に納めてお守り代わりにする人も多いと聞いています(^_-)-☆。

 

ブログランキングに参加中です!
 3つとも↓↓↓っとクリックしていただけたら

とっても励みになるのでヨロシクお願いします(*^^)v 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ blogram投票ボタン